枝払い

今日は午後から急用で、早めに山を下りました。用事をすませて、時間があったのでたんぽぽ整骨院さんへ(ちゃんと名前出しの許可は戴いています)、ここ数日右膝が痛くてダマシダマシやってたんですが、そこそこ限界っぽかったんで診てもらいました!今日はゴッドハンドのS先生、症状を伝えていざマナイタノ上のコイ状態!ひととおり施術していただくと・・・なんということでしょう~かなり膝の動きが軽くなりました!
今、現場は伐倒・採材の真っ只中!作業3日に1台のペースでフルトレ呼んでます。目下考えているのが、枝払いの効率!なんとかもっと効率よく、正確で美しい枝払いが簡単にできる方法がないか?速さでは従来のホイール式プロセッサーが一番でしょうが、材の仕上がりも悪いし残枝や隆肉残りも多いし、曲がりも見にくくなります。ストローク式でもいくらか材の見たクレは良くなるものの、やっぱり手採材には材の仕上がりは敵わない、しかも6ポイントシステムを習熟した作業者だったらスピードも若干機械より遅いくらい、しかも材の仕上がりはいいので材価は上がる。ということは・・・手採材で6ポイントシステムを極めるのが最善策か?切り捨て材を利用してワーキングベンチを活用しつつ、二度手間を減らした枝払いを実践して、材を"磨け"れば・・・プロセッサーやハーベスタでは入れない現場もあるし・・・まあ人材と一緒で適材適所なんだろうけど、ウチに与えられている環境はグラップルとフォワーダ、その条件でどれだけやれるか?肉体改造でもするかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

niwashoku

Author:niwashoku
お庭の手入れから林業までやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR