小ネタ

今日は雨で休んでいます、普段使っているチェンソー、ハスクのプロ機はエアフィルターまわりは割りと良くできていると思います。346・357などはインテークとフィルターの接合部が隙間なくぴったりしていて、接合部から塵が侵入することはありません。フィルター内に侵入するのは、フィルターの網目を通り抜けた極々微少な埃くらいで、インテークパイプが汚れることは殆どありません。
しかし、550になると話は変わります。

青いインテークとフィルターの接合部に僅かながら隙間があるので、接合部からも塵が侵入してしまいます。346のフィルターは、スクリーンメッシュが下側片面だけですが、550は上側にもスクリーンメッシュがある両面タイプです。このため、網目を通り抜けた埃もその分多く、ただでさえフィルター内に埃が入りやすいのに加えて、接合部からも入るとなるとなおのこと汚れやすくなります。しかもそこから入るゴミはメッシュを抜けてくるものより大きいもの、シリンダーのことを考えると良いものではありません。そこで小細工!

用意するのはフィルターと輪ゴムとマイナス精密ドライバー、まずはフィルター接合部に輪ゴムをねじれないように引っかけます。

そしてそれを溝に向かってねじれたりしないように少しずつマイナス精密ドライバーで押し込んでいきます。奥まで押し込んだら終了!あとは機体に取り付けるだけ!生ゴムなので燃料がかかっても溶けないし、パッキンの役目をしてくれるので、ゴミの侵入を防いでくれます。ただあまり緩いサイズの輪ゴムだと、何かの拍子にはずれてインテークに落ちたりするかもしれないので気をつけて下さい。あとは定期的に交換すればいいと思います。マネされるときは自己責任でお願いします!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

niwashoku

Author:niwashoku
お庭の手入れから林業までやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR