最近の悩み

最近は雨が多いですね~!これだけ雨が多いと、雨の日にしようと思っていたことも大体カタがつき、いよいよ暇になってきます。暇になると、いらんことを考え出すんですよね~。
今、現場でメインに使っているチェンソーは550.346.339。伐倒メインに550と346NE、これはその日の気分とその日の足下の感じで選んでいます。機体の形状やライトハンドルの形状から水平切りの高さと傾斜の関係で使いやすそうな方をつかっています、どちらもGタイプ。
339は枝払いと中径木までの玉切りがメイン、339にはGタイプはありません。
550と425はまだ新しいからいいものの、346や339.357はそこそこの年数使っています、そのうち357は数年前にシリンダーを新品に交換してからあまりつかっていません。
とりあえず今は快調に動いていますが、そろそろ予備機を準備したいところ。中途半端に寒い福岡県、雪は濡れ雪・ミゾレなんかもよく降ります。冬の雨降りの翌日の朝一番の仕事は手もかじかんでなかなかキツイものがあります。なので、今後導入する機械は全てGタイプ(グリップヒーター付き)にしようと思っています。
先ずは550XPGを1台、357の予備機に560XPG、大径木用に576XPGautotuneというのは頭の中で固まっているのですが、一番の悩みは339の予備機、最初は543XPGをかんがえていました、しかし339の3.8㌔という重量に対し543は4.7㌔、重量視点で考えるなら550と大差無いので550にショートバーを付けたほうが現実問題実践的。439だったら3.9㌔だけども、チェンの設定が3/8しかないしGタイプの設定が無い・・・やっぱり346か550にピクセルショートが最善策かなぁ?でも重いし・・・なんて妄想する時間が余るほどあります。
大体、寒い時期にする枝打ち用のトップハンドル機にこそグリップヒーターが一番必要な気がするのは私だけでしょうか?何度かメーカーさんには伝えたんですが・・・。
話がそれましたが、1度にはさすがに無理なので、来年の春のキャンペーンでまず1・2台、その後順に揃えて行きたいと思います。さしあたって一番使う550から、576をどこにブチコムかなんですが、齢級の高い大径木の多い現場に入るタイミングで導入ですな!
育林ほどは酷使しないので、機械寿命は長くなるはず、ともかく先ずは先立つものを稼がねば!
明日はいくらか天候も回復しそう、初市に向けてラストスパートに突入します!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

バイク用の充電式ヒーターグローブなんてどうでしょうか?

Re: No title

トコトコさん

いつもコメント有難うございます!バイク用も検討してましたが、電池持続時間が短いものしかなく、また表地の素材も作業用ではないので重作業には使えないものばかりなので・・・。作業靴にもヒーター内蔵のものがありましたが、同様に電池持続時間が短くて・・・しかも006P、そのものの価格もそうですが、電池もエネループをつかってもコスト面がキツイので止めました。今のところチェンソー作業の手元の防寒においてはグリップヒーターが最善策かと思っています。足下は最近はジーベックの防寒安全靴を使っています。以前使っていたアビカスパイクも防寒はなかなかよかったんですが、ミドルカットなので木屑の侵入が気になって・・・ジーベックの今使っているタイプはがっつりハイカットなので防寒性と併せて、今のところ合格点です!価格も¥3000台なので安くて良いですよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

トコトコさん

情報ありがとうございます、.325があればいいんですけどね~。

Re: No title

トコトコ

またの機会にさせてください、なんせ人見知りなもので(^ω^)
プロフィール

niwashoku

Author:niwashoku
お庭の手入れから林業までやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR