スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふと思ったけど・・・

今日は毎年恒例の組合の安全祈願祭で休み、久々にゆっくり気分の朝です。
ここ数日気になっているっていうか勝手に心配してるんですが、水溶性チェンオイルって油汚れが良く落ちて重宝してたんですが、潤滑性能は鉱物性の方が良いように感じるので今は鉱物性を使ってます。もともと汚れる仕事なので気にしてもしょうがない気もします。
水溶性チェンオイル、なぜ洗濯で汚れが落ちやすいかというと、親水性が良くなるように界面活性剤が添加されているものが多いそうです、界面活性剤と言えば台所用洗剤の成分、ハスクバーナの純正の水溶性オイルにも"洗剤入り"というステッカーが貼ってあったとおもいます。
台所用洗剤は水で濯ぐので問題ありませんが、チェンオイルは作業中にはけっこうなミストになって空中を漂ってます、必然的にいくらかは吸い込んでいることになります。
界面活性剤は環境負荷が高く、河川などの水質汚染などでよく問題になっていたと思います。それを毎日呼吸で吸い込んでいるとしたら・・・考えるだけで怖くなります。
エンジンオイルなんかでも長く皮膚に触れていると発ガン性があることがオイル缶に明記してあるものもあるので鉱物性オイルでも同じ事かもしれませんが、界面活性剤の毒性のほうが人体には大きな影響があると聞きます。
水溶性チェンオイルはここ数年流行りだしたばかりだし、健康被害があるとしてもまだまだ長いスパンで見ていかないと判らないと思います。今は個人的に邪推しているだけなので、今度機会があったらその辺をメーカーに聞いてみたいと思っています。オイルを製造しているメーカーは国内メーカーなんで、心配する必要もないかもしれませんし、取り越し苦労とは思いますが気になるもんで・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

niwashoku

Author:niwashoku
お庭の手入れから林業までやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。