スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日機械イジリ

雨の日の整備シリーズ、BCZ400の巻。
最近、始動 ・吹け上がり共に悪かったBCZ400、原因は察しがついていました。マフラーのスパークアレスター詰まり!新品で購入してすぐの頃にも同じ症状が出て、スパークアレスターとマフラーを外して焼き取りました。その後慣らしが終わってからキャブレターを調整して、機嫌良く動いてましたが最近また調子が悪くなったので、2年ぶりくらいに清掃です。今回はスパークアレスターはひどいもんでしたが、マフラーはそれほどでもありませんでした。
ついでに排気ポートも清掃しようとすると・・・前回は気付かなかったんですが・・・

違和感が・・・よくよく見ると遮熱板の穴と排気ポートのサイズが違う?マフラー側と排気ポートのサイズはぴったりなんですが排気を遮るように遮熱板の穴が小さくなっています。

ススが付いているところがマフラーと排気ポートの口径、わざと排気の通り道を制限することで、低速トルクを確保したり色々あるのでしょうが、これだと排気ポートにスラッジが溜まりやすかったりするだろうし、スコ~ンと抜けるフィーリングのほうが好きなので、このあと遮熱板を削って口径を合わせました!手が削りカスとスラッジでデロデロになったので、写真はありません。
半日ほど使ってみましたが、始動は1発始動に戻ったし、吹け上がりもハスクの刈払機ばりに良い感じになりました!モサ~っとしてたのがシャキ~ンとした吹け上がりになりました!あの遮熱板はなんだったんだろう?
スポンサーサイト
プロフィール

niwashoku

Author:niwashoku
お庭の手入れから林業までやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。