スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

346NEその後

 先日クランクシャフト折れから復活したNE、しばらく機嫌は良かったのですが徐々に不調に・・・始動はすこぶる良く吹けも好調なんですが、燃料が半タンクほどになるとアイドリングを維持できずエンスト、再始動は一発でかかるんですがまたエンスト・・・。
 低速側の燃料供給が追い付いていないと判断、最初はタンクのエア抜きを疑ったのですがどうも違う、ストレーナを交換してみても駄目・・・インパルスホースの劣化を疑い交換・・・ダメ、もしや圧縮の低下かと焼きつきを疑うもド~モ違う。どっかからの2次エアを疑っても違う・・・。キャブをはずして洗浄後ダイアフラムを新品に換えてもダメ。クランクシールは新品だし・・・。
 この時点ですでにクランクケース・クランクシャフト・クランクベアリング・シール類・各ガスケット・ダイアフラム一式・スパークプラグ・インパルスホース・フューエルストレーナーが新品になっている状態???
 ここで、はずすのが億劫で手を付けていなかったキャブのリミッターに手を付けました。プライヤーで挟んでまっすぐに引っ張ってリミッターキャップを外し、ニードルをはずす。このニードルとキャブ本体の穴の隙間に変成した燃料やオイルが詰まっている場合があるので、ニードルを抜いた穴にキャブクリーナーのノズルを差し込んでしつこく吹き付けますするとキャブのインテーク内の燃料が吹き出る穴からキャブクリーンが吹き出てきます。そのまま数時間放置して汚れを溶かします。放置後、最後にもう一度キャブクリーンを吹き込んで組み直し、基本調整値にニードルを合わせて始動、一発始動はこれまでと同じですが、さんざん回して燃料を減らしてから放置しても安定してアイドリングしています。ここが犯人でした!
 最近のチェンソーはリミッターキャップが付いていて焼きつきのリスクが減るのはイインデスが、今回のようなときに容易には外すことができないので面倒ですし、こんな時は外しやすいところから手を付けたくなるのが人情なので無駄な部品まで換えてしまいます。おかげで部品ストックに欠品が・・・。
 でも、機械も古くなると不調の原因は一つではなく色んなところのひずみが合わさっている場合もあるので、いい機会だったかもしれません。このNE・XPGも大分機販サンでお世話になってから3年、去年550を買ってからもメイン機として使っていたので稼働時間もかなりのもの、いいリフレッシュになったかも!
 この際357の黒コイルと乗せ換えてリミッターなしビュンビュン仕様にしようかなどと画策中。今付いている青コイルは14100rpmでリミッターが作動するので、NEの許容値14700rpmには程遠いものです。339にも共通の黒コイルが付いていますがこちらは許容値13800rpm、357が許容値14000rpmなので青コイルくらいが丁度いいかも!
 くれぐれもリミッターキャップやコイルを外したり交換する場合は自己責任で!基本設定値がわからない方は、リミッターキャップは触らない方が身のためです!
 ちなみに339で似たような症状と、プライミングポンプの不調が起きた時は、オイルタンク裏のボディとクランクケース一体のバーマウントの隙間に侵入した木の枝がクリップみたいに燃料ホースを挟んでしまっていました。チェンキャッチャーと共締めになっている防振スプリングのねじを外して隙間を広げてプライヤーで枝を取り除くと治りました。
 550もGはボディ裏のグリップヒーターの配線がボディのクリップから良く外れるので、断線の憂き目に会う前に要点検です!
スポンサーサイト
プロフィール

niwashoku

Author:niwashoku
お庭の手入れから林業までやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。