手放せないアイテム

 日ごろの業務に使うチェンソー、効率よく仕事を遂行するには日ごろのメンテが欠かせません。そんなときに良く使うのがケミカル。洗油しかり・キャブクリーナー・パーツクリーナー等々修理等行うときには重宝するものです。そういうときにはどうしても洗浄系のケミカルが目立つんですが、中古の部品などを長期保管する際に重宝しているものがあります。
ラバー001
 ゴム製品や樹脂製品を保管する際に、その劣化や硬化を防いだり酸化から守る“ラバープロテクタント”です。商品によってはラバールブリカントとかラバールーブとか言ったりしますが大体中身は同じ。ファンベルトの鳴き止め剤なんかもほぼ同じものです。
 燃料タンクやオイルタンクの中の部分のホースみたいに、常に油分にさらされていて外気に触れないようなものはイインですが、外気にさらされている部分のゴムホースや346などのバルスホースなどは清掃などの際にパーツクリーナーで脱脂されたり空気で酸化したり劣化の度合いが進むのが早くなります。それを防止するために、清掃・洗浄後にラバールーブを1吹きするようにすると、そのような部分の劣化速度を抑えることが出来ます。僕は外した中古部品なんかも外して洗浄後、ラバールーブを1吹きしてからチャック付きのビニール袋などに入れて密閉して保管しています。廃機にした346JPのゴム・樹脂系部品もそうやって保管してあります。
 ちょっとしたことですが、それで劣化を防いだり収縮した部品が復活したり、やって損は無いと思います!
スポンサーサイト
プロフィール

niwashoku

Author:niwashoku
お庭の手入れから林業までやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR