スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷点下

 昨日まで行っていた五ヶ山・その前の南面里、ともに標高で600㍍弱のあたりで作業していました。朝は毎日氷点下、昼間でも0℃を越えない日がありました。手はかじかむし防寒インソールは使っているものの、地面も凍っている日もあり足は軽いシモヤケ・・・。現場を流れる沢も・・・
つらら
この有様、使っている338XPTも毎朝お約束のようにアイシングを起こし、キャブが霜で真っ白に・・・。でも明日からは標高100㍍台の里山が現場なので、ホッと胸をなでおろしています。
 338XPTももともと付いていたH35(91s)・12inバーが、セルフ加工にて10in~9.5inへと姿を変え、使用した3本全てがノーズが壊れて昇天!チェンも5本使用し、今は10inに姿を変えたピクセルバーが付いています。切れ味や使用感・切り口の状態は枝打オンリーならH35に分があるようですが、壊れない安心感はピクセルです!でもいかんせんノーズのRが大きくなるのでキックバックが激しく若干危険度が増します。そもそも338も結構使い込んでいるので、圧縮も落ちてきたしアチコチやばくなってきていてそろそろ代替えの時期、今は次をナニにしようか考えています。
 40CC以下なので労安法の規定にも引っ掛からないので、思い切ってT425を個人輸入してみるか、こがるを買ってUS仕様のドラムを個人輸入して91仕様にするか、悩むところです。25APだと刃数が多くて目立てが面倒だし、耐久性が低いっていう個人的な先入観があるのであまり使いたくありません。使ってみたらイイかもしれないけど・・・。
 軽いだけなら超こがるがいいんですが、他の作業の兼ね合いもあって25CC以下は選択肢から外れます。スチールの150も考えたんですが、チェンの薄さが気になるし・・・。
 あと数日で今シーズンの枝打は終わるし、来シーズンまで猶予があるのでゆっくり考えたいと思います!
スポンサーサイト
プロフィール

niwashoku

Author:niwashoku
お庭の手入れから林業までやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。