スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋深し・・・

 またまた更新をサボってしまいました、今日はチョット病院行きで休んでいます。サボっている間に五ヶ山の間伐現場を途中でホッタラカシ、工期が迫ってキビシイという某里山の下刈現場に入っていました。15年生ほどのヒノキ林の下刈、もとはモウソウチクと雑木の山だったようで、切り倒した竹で作られた山のような床が点在し、腐りかけた竹の床の中からはスズメバチの御一行様がお出迎えくださいました、合計8箇所。アースジェットで丁寧にお引取り頂きながらの作業・・・夏の終わりの炎天下の中、トゲトゲの草や葛のツルと格闘の末、無事工期を2日残して完工致しました!今回は仕上がり重視で丁寧に刈ったのと前述のハチさんやカズラ等のお陰で予算オーバーでしたが、キレイに仕上がったので良しとします。
 さあ五ヶ山に戻ろうかと思っていると今度は材の搬出を申し付けられ、初めて使う運搬車(ウィンチ付き)に手を焼きながら、葉枯らししてあったヒノキ材の搬出をしています。フォワーダの入らない狭い作業道のため運搬車を使っていますが慣れないウィンチ作業に四苦八苦、でもいい勉強になっています。グラップルのありがたみをひしひしとかんじています。グラップルがあれば半分の日数で終わるはず、重機ってやっぱりすごいもんだ。
 運搬車での搬出の為、土場に集積するにもあまり高く積むことができず、一度回収してもらうまで現場を空けたりします。材出しを空ける日は五ヶ山に行っています、下と違って五ヶ山はすっかり涼しくなって秋本番・・・というよりそれを通り越してじっとしていると寒いくらいになってきました。しばらくブリに戻った現場、アブの姿は消え、蚊も気配がなく、山芋のつるは葉を黄色く染めつつあります。道には山栗がころがっていたり、秋は急ぎ足で通り過ぎて行きそうです。
クルミ004
 下はクリ、上がなんだか分かりますか?分かった人はこの時期わき見運転に気をつけましょう!ブドウのように密集して実りぶら下がっている物体、山道の川の近くの道沿いに良く生えていたりします。結構な大木になるので軽く見上げるようにして探すと目に入ります。この実の正体は・・・
クルミ003
そう、クルミです!洋菓子に使われている洋グルミではなく、日本に古くから自生する野生のクルミで“オニグルミ”と呼ばれているものです。洋グルミよりも小粒で殻が厚く硬く、殻をむくのが一苦労なんですが、軽く炒って半生くらいで食べると、市販のクルミと違って優しい口当たりの油と独特の風味にほんのり自然の甘さがあって、一度食べると病み付きになります。フライパンで軽めに炒ると殻の一部が開くので、あとはマイナスドライバーでこねると殻が割れます。
クルミ002
クルミ001
あとは竹串で優しく起こすと中身が出てきます。市販のカリッと乾燥したクルミもいいですが、しっとり生クルミもなかなか乙なモンデす。殻の固い日本の胡桃の殻を割る為の和グルミ用のクルミ割り器も市販されているので、よりフレッシュなクルミを食べたい方はそちらを使うのも一手。殻入りのクルミでも果皮を剥いた時点から内部の乾燥が始まってジューシーさが日に日になくなって行きます、通信販売などでも和グルミは売られていますが、生のアノ風味はやっぱり自分で採らないと味わえないでしょう。クルミの果皮もそろそろ黄色みを帯びてきて見つけやすい季節、ドライブで山のほうに出かける機会があったら探して見られては?でもくれぐれも脇見運転だけはしないでください!
スポンサーサイト
プロフィール

niwashoku

Author:niwashoku
お庭の手入れから林業までやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。