91PXその後

 先日から試しに使っているオレゴンの91PX、1日あたり100本前後枝打する現場での使用、そろそろ使用開始から10日を過ぎますが今のところこれといった問題も不具合もありません。デプス調整も1回しました、タイストラップの強度も上がっていると思います。作業に伴う振動の発生が抑えられているおかげなのかタイストラップの底部の変形が今のところホトンドありません、これはハスクバーナH35と同等の強度だと思います。カッターが減ってもデプスをチョット深めにしても振動のレベルはほとんど同じ、しかも滑らかに喰い込んでいく感触もほとんど変化がありません。ガードリンクのおかげか、異物に刃を接触させてしまったときの刃のダメージも少ないように感じます。
 ガードリンクの性能のおかげでキックバックも91VSなどより極端に減っていると思います。かといって91VGのようにガードリンクが作業の邪魔をするということもありません。91PX、かなり高次元でバランスが取れていると思います。ただキックバックが抑えられているということは突っ込み切りなんかの場面ではマイナス要素だと思いますしトータルの耐久性の面ではハスクのH35のほうが勝っていると思います、H35も作ってるのはオレゴンですけど・・・。
 今入っている枝打現場、いよいよ佳境に入ってきました。今週月曜からいつものS君が手伝いに来てくれているおかげで効率もグンとアップ!そして今日からS君のお兄さんのD君も来てくれています。今までの1人での悶々とした状況から抜け出して、やっと歯車が噛み合ってきた感じです。手伝いに来てもらえるおかげで枝打ちもあと少しで終われそう、少し遅れましたが来月頭には荒廃林に突入できそうです!枝打はまだまだ要勉強ですが間伐は大好物!もともと切り捨て間伐専門班みたいなモンだったので、一日も早く枝打をやっつけて得意分野に戻りたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

niwashoku

Author:niwashoku
お庭の手入れから林業までやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR