スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は雪

間伐第一弾も完了し第二段突入までしばし間隔が空くので、今はお待ちいただいていた個人のお客様の剪定や伐採その他を片付けています。しかし、今日は雪。木の上にもどっさり雪が載っているので剪定の予定が急遽お休み・・・ボーっとしているのもなんなんでチョット工作を。

 間伐で使用しているチェンソー。チェンソーにはエンジンを動かす為の燃料と、チェンを潤滑するためのチェンオイルを用います。間伐など長期的に大量にオイルを消費する場合、経済性を重視して一斗缶(18㍑)で購入するのですが、一斗缶のまま山をウロツクワケニモいかないのでペットボトルなどの容器に小分けしています。ところがこのチェンオイルというやつがクセモノで、粘度が高く移すのに苦労するんです。オイルジョッキや簡易ノズルなどいろいろ試しましたが、やった事のある方は解ってくださると思いますが、ドボドボトオイルが波打って移すたびにかなりの量をこぼしたり無駄にしたり、手がオイルでベロベロになったり苦労していました。大体そういう作業をするのは山から帰ってきた夕方、疲れた身体に寒風がしみて億劫でした(手は汚れるし)。そこで今回新兵器を導入する事に!
c1.jpg

ネットで見つけたコックです。一斗缶のほかペール缶や、口金のサイズが合うなら、4㍑オイル缶等にも使えます。こういった缶は大体JIS規格で作られてるのでほとんどの缶に使えるのではないでしょうか。写っている台は今日、廃材でテキトーに作ったものです。
c2.jpg

これが愛用のハスクバーナ純正チェンオイル。間伐では1日大体2~3㍑使います。したがってこれ1缶が大体1週間~10日で無くなります。
c3.jpg

早速使ってみました。使用している容器の口の高さに合わせて台を作ったのでピッタリジャストサイズでいぃ~感じ!これなら一滴のオイルもこぼさず無駄なくラクチン快適業務。

 注・・・エア抜きノズルが無いので、缶の上部にエア抜き穴を開ける必要があります。

 またひとつ難題解決!山が呼んでいるぅ~!  それじゃっ!

スポンサーサイト
プロフィール

niwashoku

Author:niwashoku
お庭の手入れから林業までやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。