荒廃森林整備のお仕事

 縁あって、現在”荒廃森林整備”のお仕事をさせていただいております。荒廃森林とは、15年以上手をつけられていない人工林(材木を取るためにスギやヒノキを植えた森林)を指します。

 林業従事者の高齢化・木材価格の低迷・後継者不足その他もろもろの事情により、植林はしたものの放置された森林が、気の遠くなるほどの面積存在します。そのまま放置すれば、用材としての価値はもちろん、水源としての機能や環境維持の機能も失われ、大雨などによる土砂災害の要因ともなってしまいます。

 森林の機能を取り戻し、次の世代をになう子供たちに、われわれ大人たちがより良い環境を残す為に今何が出来るのか、作業しながら考える今日この頃です。

s1.jpg


  手入れされる事無く放置された山です。侵入して来たモウソウチクによって日差しはさえぎられ、林床に陽が届かず雑木の苗も生えないので、野生動物の食べ物もありません。

s2.jpg


  作業後の様子です。植林したときの2割ほどと思われる量のしかヒノキが残っていませんでした。これからまた時間をかけて再生していけば、林床の腐食質(腐葉土など)も増えて保水性も増し、防災・水源・また下り下った海の環境まで改善できるものと思います。

 それではまた。

スポンサーサイト
プロフィール

niwashoku

Author:niwashoku
お庭の手入れから林業までやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR