カシータスMGL HG その後

現場の方は雨の日が多いものの、ボチボチすすんでいます。最近フェイスブックの使い方がなんとなく解ってきて、そちらばかりにかまけてたので更新が滞ってました。
雨が降ると作業路もドロドロになるし林床も滑りやすくなって、効率が悪いだけでなく危険度が増すので、ある程度水が引くまでは作業もさいかいしません。そんな隙間に3時間ほどの釣行数回、短時間なので糸島のシャローでリリースサイズのアラカブ達やモンスターサイズのエソなんかと遊んでました!
カシータスですが、ラークシューターLRGC73MLとバリバスハイグレードPE1.5号との組み合わせ、ブレーキ4個オンの状態で18㌘のジグを投げてみましたが、外部ダイヤル3で50㍍ほど2で60㍍ほど1で最長75㍍ほどの飛距離が出せました!但しダイヤル1にすると、キャスト中盤にスプール上でややラインが浮きだすので、サミングに若干気を使わないとバックラッシュ気味になります、でもスコーンっと飛んでいく気持ちのよさは良い感じ!1にするとキャスト時の回転音も変わります。上位機種に迫る飛距離とのメーカーの謳い文句はホントだったかなと思います。10㌘のテキサスリグでもコンスタントに50㍍程の射程、プラグでも飛行姿勢が崩れたときのメンディングがし易いので自然と飛距離も安定します。
新品から数回使ったので、雨で休みの今日は分解整備をしました!

機械イジリが好きなもんで、走ってたころはスカイラインのマフラー交換くらいは朝飯前、タービン交換からブーストコントローラーの取り付けなんかも自分でやってたし、今もチェンソー整備はクランクケースを割る以外は全部自分でやってるのでリールバラすくらいはあっという間です。
シマノのリールは新品だと硬くて粘りの無いグリスが入ってるので、特にメインギアあたりのグリス抜けが早い気がします。マイクロモジュールギア採用の機種とかはギアが浅い分その傾向が顕著です。
廉価版のカシータスにはそんな高級ギアは入っていませんが、それでも巻き感がかわってきてたので、バラしたついでに硬いグリスを取り除いて、柔らかくて粘りの強いグリスを塗布しました!今回はシマノ純正のドラググリスが余ってたのでコイツを流用、組み上げてハンドルを回すと・・・新品時以上の巻き心地!グリスが粘る分、巻き心地の持ちも長いはず。
今回分解したのにはもう1つ目的が・・・ドラグディスク径の確認ですが、サイズはエクスセンスDCや'14スコーピオンHGと同じでした!ていうか'14スコーピオンと同じ部品かも?これでサイズ確認が出来たので、社外ドラグディスクを買うときも困らずに済みます!それに3台で使い回しが効くので、スペアも1セット買っとけばいいし。
中学以来、久々にベイト使いだしたのはいいけど、ベイトって楽しい~!
スポンサーサイト

バリバス ハイグレードPE

先日の記事で、バリバス・ハイグレードPEは300㍍が無いと書きましたが、誤りでした!
当初のハイグレードPEはブルーのみで、150㍍巻きと200㍍巻きがあったと思うんですが、最近モデルチェンジしたようで、ブルーが150と300㍍巻きイエローが150と200㍍巻き、グリーンが150㍍巻きというラインナップに変わったようです。
そこで、ナイトゲームでの使用が多いエクスセンスDC用に、1.5号イエロー200㍍巻きを買って来ました!
エクスセンスDCはPE使用を前提とした設計なので、0.8号や1号でもイケるということなんですが、なんせヘタクソなのでトラブル回避の為と不意の大型対策で1.5号をチョイス!エクスセンスにもともと巻いていたブルー1.5号はダイワ製PEが巻いてあったカシータスに移植です!
安売りにつられて買ったダイワ製PEですが、さすがにシマノとの相性が悪いのか、かなり固めに巻いていても、キャストの時に引っ掛かる感じがしたりMIDノットが決まりにくかったりしてたので、バリバスに変更です。
エクスセンスDCやカシータスMGLクラスだと1.5号200㍍でほぼ適量できっちり巻けます。キャストのし易さやノットの決まり具合はブルーをさんざん使い込んでるので実証済み!ベイトでのキャストにも相性はバッチリで、4本編みの適度な腰抜け感がトラブルを回避してくれます。キャスト切れなんかにも8本編みや10本編みより強いように思います。
ベイトリールも、私が中学生のころはそれこそバンタム200の、キャスト時にレベルワインドが停止する機構が付いて感動したレベルの時代から比べると格段の進歩の時代・・・その分お値段も格段のアップですが・・・当時バンタム200でも10000チョットだったし高校くらいのとき最新機能満載で鳴り物入りででてきた当時フラッグシップスピニングだったツインパワーでも2000番で20000チョット位だったと記憶してます。今やステラ100000アンタレス70000の時代・・・手が出ません・・・釣具も高くなったもんだ。



続きを読む

昨日

昨日まで重機が使えなかったので、昨日はプチ遠征に行って来ました!
いつもの糸島を素通り、さらに40分かけてY子まで・・・夜明け前に到着、まずは去年アコウやタカバを上げたH漁港で実釣開始!今回はカシータスを試すのも目的の1つ、3投目に味噌汁サイズのアラカブをゲット!でもそのあとが続かずしばらくはカシータスのブレーキセッティングをいじって遊んでいる状態、カシータスはスプールの軽さは体感できますねぇ、スプールの初速が違います。そうこうしながら、港に繋いであるイカダの脇を探っているとギュン!とバイト、ゴリ巻きで寄せると愛しのアコウ!25㌢弱とサイズは振るいませんが、まあよしとします。30分程して隣のイカダの際を探っていると、ガツッとバイト!底へ底へと突っ込むのをいなしながら抜き上げたのは
先程のアコウより少し大きいくらいのアラカブ!小さなアタリは出るものの、ロックフィッシュと思しきバイトがあと2回でたものの乗せ切れず、サゴシを追加したあたりで雨が降り出しストップフィッシング。

貧果に終わりましたが、実釣4時間ほどでまあ楽しめました!

カシータスMGL HGは'14スコーピオンHGとギア比やスプール外径・ハンドル1回転あたりの最大巻き取り量もハンドル長も同じですが、ハガネボディやSHIPが非搭載のためか、スコーピオンより巻きが重い気がします。ハンドルはブッシュを全てベアリングに交換済みなので、ボディ強度とギアシステムの違いでこれだけ違うのでしょう。でもキャストフィールはいいし、ボディサイズもパーミングし易い。今回は風が強く、ブレーキブロックはオールオンでキャスコンと外部ダイヤルのみでの調整で使用したので、噂の飛距離は未チェック。楽しみは次回に取っておきます、でも強風下でのPE使用でのベイトの優位性はやっぱり高いなぁと再確認しました。寒くなってからのサミングもベイトの方がやり易そう、飛距離もテキサスリグならスピニングに遜色なく飛ぶので、しばらくはスピニングの出番が無くなりそうです。
寒くなってくるので不意の青物などに備えて、巻きトルクに安心感のあるスコーピオンとエクスセンス(ドラグ強化済み)の出番も増えそう!ああ~仕事も遊びも忙しい季節に突入だぁ~!

使用タックル
パームス ラークシューターLRGC73ML
シマノ カシータスMGL HG
ライン PE1.5号 リーダー16lb
マグバイト バサロ14㌘
エコギア ロックマックス・グラスミノーM


カシータス

先日修理から帰って来た"ラークシューター"、ウチにはLRGC73ML・LRGC76M・LRGC710MHの3本があります。この3本に2台のリールで釣行毎に組み合わせを変えていました。ラインは1.5号で揃えたので問題は無くなったのですが、次はリーダーの問題が・・・組み合わせを変えたり対象魚がかわる毎にフロロ14・16・20lbからシステムを組み直していました。それだけなんですが、出来ればもう1台リールが在れば手間は無くなるし、常に3セット持ち込めるので、現地の状況で対応できる幅が拡がる!そこで、最近使っていないエリアタックルを処分して資金を準備し、シマノの"カシータスMGL HG"を調達しました!

シマノの最新技術を投入していながら実売価格¥15000を切るコスパモデル!スプールに金がかかってるので、その分ハンドルベアリングを省いたりスプール軸を支えるベアリングもスコーピオンやエクスセンスDCは3個に対してカシータスはシャフト両端の2個のみ、フレームも普通の樹脂だしギア廻りも・・・。でも新採用のマグナムライトスプールが気になったので'16スコーピオン70HGと悩みましたが、こちらにしてみました。


ハンドルベアリングは4個で¥400くらいの激安ベアリングを発注済み、樹脂カラーよりはマシナハズ、スコとエクスセンスはドラグ強化してますが、カシータスはノーマルで使います、なんせフレームが樹脂なんで・・・。ラインはバリバスのPE1.5号が200㍍入ります、糸巻量はエクスセンスDCとほぼ同じくらい。
これで73にはカシータス、76にはエクスセンスDC、710にはスコーピオン200という固定布陣が出来ました!風の影響を考えるとラインは1.5号くらいがベストなんでしょうが、遠征のときはスコーピオンのみ2号にして、不意のモンスターに備えたいと思います。

ここに来てショアからアラの情報が地元福岡で続々入っているので若干浮き足立ってますが、どうにか隙間を見つけて出撃したい~!

釣りに行きたい~!

最近何かと忙しく、隙間を見つけて予定しても悪天候やらロッド折れやらで釣りが出来ず、そうこうしているうちにアコウシーズンももう終盤となってしまいました!
ロックフィッシュ用のタックルでリールはエクスセンスDCと'14スコーピオン200HGを使っています。ラインはPE1.5号、エクスセンスにはバリバスハイグレードPEを200㍍入れています。スコーピオンにも同じものを使いたかったのですが、エクスセンスよりスプールキャパがあるので1.5号なら300入ります。ハイグレードPEは200㍍巻きまでしかないし下巻きするのも面倒、加えて近所の釣具やさんでは1.5号300㍍巻きでてごろなものが無かったので、今までは2号を200㍍入れてました。

先日ネットを徘徊中にバリバスからてごろなものが発売されていることを知り、今回取り寄せてみました!サンラインやデュエル、ファイヤーラインやゴーセン他色々なPEを使った中で、手頃な値段で自分のスタイル・スキルに合うものということで、今はバリバスに落ち着いています。ナイロンメインだったころも"バリバス・game"の使い易さに、game一辺倒だったことを考えると、やっぱりメーカーのコンセプトが自分のスタイルにはまってるのだと思います。
届いたのがコレ!

バリバスアバニジギング・パワーブレイド×4です!強度重視の耐破断性ブレイド工法で最適なピッチで撚り上げてあるそうで、メインカラー5色に1㍍毎にサブカラー、さらに5㍍位置にはサブカラーのマーキングパターンを変えるという念の入れよう、1.5号で25lb規格になっています。見た感じは他のものより細い印象を受けました、もっと上位グレードのものという手もありますが、キャスティングメインなので痛みも早くコストも嵩むのでこのくらいのグレードで充分!8本撚りよりもバックラッシュも直し易いし、そもそもトラブルが少ない気がします。早速フロロ30ポンドリーダーを組んでみましたが、MIDノットがバッチリ決まります!
水温が落ちないうちに先ずアコウ、あとは比較的暖かい潮が入り易い呼子・松浦方面にアラ・タカバ狙いに行きたいと思います!
プロフィール

niwashoku

Author:niwashoku
お庭の手入れから林業までやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR