ちょっと言いたい。

その後順調に工期が迫る現場を一つ一つ叩いています!新人君は真面目にやってます、もう二皮くらい剥けてくれるとウチのスタイルに合ってくるかも?昔の自分を見ているみたいで複雑・・・真面目さが良くも悪くもって感じです。どっちかって言うとアスリートタイプじゃなくてアーティストタイプ?体育会系じゃなくて文科系かな~(笑)いつか、自分のように覚醒してくれることを
期待します!
最近、某林業機械メーカーの機械でイロイロなトコが壊れた話を耳にします。今のこの日本で、ほかの機械製品と比べてその頻度は異常だと思います。以前はそれなりの定評を得ていて、それでこれだけ普及したのだとは思いますが最近はお粗末!ウチが借りている機械も、納車2年を待たずしてメーターパネル故障!オーバーヒートかと思いきやメーターの不具合!他所では走行系の不具合が連発!修理してもすぐに同じ不具合?車でもメーターパネルがそんなに早く壊れたなんて話聞かないし、走行系の重要部分が1700時間で壊れるなんて・・・。
確かに林業業界でしか使用しない特殊な機械ではありますが、1000万する機械がそんなにヤワって・・・メーカーの怠慢としか思えません!
ウチの組合でも相当数導入しているみたいですが、これだけ不具合があるとさすがに問題に・・・イロイロ意見を求められるので、わたしは某海外メーカーのフォワーダを推薦しました。導入価格はかなり高いですが、作業効率・メンテナンスコスト・エコロジーを考慮するとその価格差を埋めて余りあると思います。日本での先入観や導入コストその他で今の日本では極少数派の機械、日本の林業を救うのは自社の機械の欠陥・瑕疵を認めず利益に凝り固まっているメーカーがつくっている機械じゃなくて、林業というものの本質と向き合って合理的な機械を作っているメーカーさんだと思います。オペレーターもしかり、機械の能力を引き出せず、言い訳しかしないオペレーターが乗っているから、二言目には"日本には合わない"と言う評価で有望な機械が消えていく・・・。そんな悪循環に今の日本はあるとおもいます。全て話すと長くなるし文字では表せないので、まとめて言うと要は"プロ意識"の問題だと思います。機械を作る側は乗る人の側に立って、乗る人は機械のポテンシャルを100%引き出す、そして結果として現状の中で最高の仕事をする。それが出来なかったら言い訳をせず全てを認める。それが出来てないんじゃないかなぁ~。ボクも本音は日本製を使いたい!でもそれを具現化した機械が無い!今のままじゃ・・・言わなくてもわかりますよね?
スポンサーサイト

遅ればせながら

今年もヨロシクお願いします!新年早々連日の悪天候で、まだ稼働2日・・・新人君のフルポテンシャルを見極める暇もありません!まあ、今のところは"可"かな?今の現場は2割間伐なので次の通常の3割間伐の現場に入ったら、ゆっくり観察したいと思います。550XPのポテンシャルを100%引き出せるようになったらもう少し評価を上げますか!
1月早々、ハスクの一部製品(ホビーユース向けの製品)が値下げされましたね~、去年から大分機販さん情報で流れてはましたが、236eに至っては¥19800!ホームセンターの◯立や◯キタなどの製品より安いんじゃないかっていうくらい、リョー◯のホムセン機はそういえばゼノア製だったっけ?それもだいたい2万円台後半ですしね!
何にしろハスクバーナの名前がついたチェンソーがイチキュッパっていうのは夢の値段ですな。ほかにも刈払機・ヘッジトリマー(ゼノアOEM)やブロアーも新価格!ブロアーのバキュームキット無しだと破格の値段になってます!このブロアーはホビーユース向けでもなかなか強力でボクも愛用してます!もともと¥39800だったと思いますが、ほぼ半額になっていたと思います!まだ旧価格で売ってる店もあるみたいなので、購入検討される方はお気をつけて!"大分機販"サンだったら間違いなく新価格で買えますよ~!ウチもブロアーもう1台予備に買おうかな?

あと2日!

今年も残すところあと2日!イロイロありましたが、今年は出逢いの年でした!武者修行のU君しかり、他にも沢山の出逢いがありました!
中でもやはりU君との出逢いは神様からのプレゼントかな?一生の宝になると思います。今月頭からは新人I君も来るようになり、常時二人体制になりました。今年もかなりの伸びでしたが来年は更に売上アップ?を目指します!
先日はウチが付けた作業路を御覧になった方々にお褒めの言葉を戴いたり林産分野でも評価戴けるレベルになれたかな?前の現場より今の現場・今の現場より次の現場とより良い仕事が出来るよう、来年も"進化"を止めずに精進して参ります!
皆様も良いお年を御迎えください!

560XP

更新をサボっている間に季節は晩秋、Facebookはマメに更新してますので、そちらも覗いてみて下さい!"庭職はやし"じゃなくて名前の方でやってます。
武者修行で預かっていたU君は旅立って行き、また1人に戻ったところで入門希望者が現れ、12月からは2人体制になります。ちょうど、大分機販サンで新人用のチェンソー買おうかと思っていたところに、メーカーさんからの売り上げ調整で11台限定特価販売があってたので、550を1台購入!それにしても、メーカーさんからいざ入荷したら22台送り付けて来たそうなんですが、ソコはさすが大分機販!もうあと6台になり、その6台もいつまであるか解りません!て言うか、その他にも通常の注文があるだろうから、何台売れたの?スゴいですね~!やっぱり秋好君の人柄でしょうね!
ウチも春に550XPG予備機先月に560XPG、そして今回の550XPと、チェンソー年間3台買ったのは初めてかもしれません。550も560も熟成されてほとんどの不具合が対策改良されてほぼ完成型になりましたね~!ウチの初期型の550とはやっぱり違います、安心感がありますね!560は満を持して買った感じです!コレで完成型が2台共手に入ったので、ひとまず落ち着きました。
本国などでは572XPが発売になっていますね、3シリーズボディにAutotuneを押し込んだ576XPではなく、基本設計から真の5シリーズになった70CCクラスですね!Autotuneもすでに2.5バージョンになっているそうで、今度はこの572XPG狙いです!日本に入るのは2年後くらいですかね~?待ち遠しい~!560の時はスチールとの絡みもあって、早いタイミングで日本市場投入して、初期の不具合が連発して失敗したので、572はちょっと時間をかけるかも?

ハスクバーナ562XP

大分機販サン情報で、ハスクバーナ秋のキャンペーンに併せて562XPが販売開始されるそうです!
今までも並行輸入で出回っていましたが、40CC以上のチェンソーで所定の手続きを踏まずに輸入されたもの(ほとんどの並行輸入品がそうだと思います)は、労働安全衛生法で輸入・販売・譲渡・所持・使用等が禁止されており、懲役や科料などの罰則も規定されています。また、国内正規販売店での修理等のサービスも受けられません。特にオートチューンシリーズはファームウェアの形式が国内正規のものとUS仕様などの並行品では変えてあって、並行輸入品は国内ではアップデートが出来ないようになっていると聞きます。
でもついに国内正規品が販売されるならそういった心配も無くなります。そもそも最近の正規品と並行品の価格差は昔ほどでは無くなっているので、上記のリスクを侵して並行品を買うくらいなら、正規品を買ったほうが後々安くつくのは言うまでもありません。
562XP、エンジンスペックなどは560XPと同じ。何が違うかと言うと560がバーマウントがスモールなのに対して562はラージ、クラッチ廻りの部品もマウントに合わせてあるとおもいます。ピッチが3/8になり、576などの大型機と同じような長いバーが使えるようになります。その代わり550などとのバーの使い回しが効かなくなるので、別にそろえないといけなくなります。560クラスの出力だと、ボクはスモールタイプで325ピッチくらいがちょうどいいと思っています。バーも気持ち良く廻すなら20インチくらいがせいぜいかと・・・。まだ560は所有しておらず現在は同クラスの357を使っています357でも20インチがリミットに感じます、560も近々買う予定で見積りも取ってあるんですがどちらかと言われたらボクは迷わず560かな?それがウチの使い方に合っていると思います。数年うちに576も購入予定!
562は、大径木を伐る機会がたまにあって、大きめのチェンソーが欲しいけど、576を買うまではないとか、1台で済ませたい人向けだと思います。ラージマウントになると、バーも重くなるので細かい作業がやりにくくなると思います。
いずれにせよ、大分機販という強~い味方が居るので、心配なし!
プロフィール

niwashoku

Author:niwashoku
お庭の手入れから林業までやってます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR